質問:すみませんが今千羽鶴折ってるのですがどのようにしてつなげたらいいのでしょうか?


初めて、千羽鶴を作成中なのですが、鶴をつなぐものは木綿糸などでいいのでしょうか?それでは、切れてしまうのでしょうか。
今「千羽鶴」を作っているのですが、一つ悩んでいるのです。鶴の頭を折っても良いのか?以前に病気の方に渡す「鶴」の場合は折ってはダメと聞いた様な・・・


是非 正式な千羽鶴の作り方を教えてください

 

回答:千羽鶴の作り方について、問い合わせが多いのですが、作り方に決まりはございません。

しかし、よく作られる作り方をご紹介します。

まとめ方は、千羽鶴を膨らます穴から糸を通し、大体20〜100羽ずつまとめます。使う糸は、絹糸、テグスなど丈夫なものならどんなものでもOKです。そのまとめるとき一番下の折り鶴の下に、ボタン、ストローに小さく切ったものなどを結び、綴じた糸が抜けないようにします。このまとめたもの何本かを一つに上でまとめます。

壁などにかけやすいように、一つにまとめたとき一番上に大きな輪を作られる方もあります。

羽はひろげてもよいですし、閉じたままでもかまいません。しかし、羽は広げると飾るときにかさばるので、広げないとおっしゃる方もいます。頭を折ると縁起が悪い?と聞かれることがございますが、まったくそんなことはございません。折らないと頭ができないので、折ってください。(「首を折る」と言うから気になるのでしょうか?「首を折る」のではなく、頭を作るために、一方を中わり折りするのです。折らないと、どちらが尾かわからなくなってしまう・・・)

「黒」で折ってはいけない?と聞かれることもございますが、そんなことはございません。しかし、グラデーションになるようにまとめる人は黒が入ると、あんまりキレイじゃない、とおしゃって、黒を使わない方もいらっしゃいます。

折る折り紙の大きさにもまったくきまりはございません。「千羽鶴用おりがみ」という商品名で市販されているものは7.5センチ角のものが多いようです。

千羽鶴の歴史は現在のところはっきりしません。「千」という数にも意味はなく、「千」イコール「たくさん」ということで、たくさんということが縁起がいい、という意味があるのではないか、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、確かではありません。

     
====================================== 日本折紙協会 ======================================
==========================================================================================